NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

「ちょんの間」の絶望…あっという間に“売春人生” 極悪スカウトたち

2015年01月22日

 

【衝撃事件の核心】

 

 「お兄ちゃん、寄ってってえ」。

年配の女性が客を呼び込む傍らで、座椅子に座った美女が妖艶な笑みを浮かべ、ひらりひらりと手を振った。

旧遊郭として知られる大阪市西区の繁華街、通称「松島新地」で1月、

女性に売春をさせていたスカウトグループの男らが、売春防止法違反などの容疑で大阪府警に逮捕された。

風俗嬢に暴利のヤミ金融を紹介し、がんじがらめにして売春宿に送り込む-。

こんな極悪手口を得意とし、大阪を中心に暗躍していたスカウトグループに捜査の手が入ったきっかけは、

「返しても返しても借金が減らない」と悲嘆した女性たちのSOSだった。

 

 

 ■料理店「美人座」の摘発

 昨年3月、大阪府警布施署に22歳の女性2人が助けを求めて駆け込んできた。

 「借金のカタに松島新地で売春させられている」

 事情を聴くと、ホストクラブ遊びなどで数十万円の借金を抱え、その返済のために売春婦として働かされているのだという。

 「お金を返しても返しても元本が全然減らない。もう先が見えなくて…」

 女性の訴えを端緒に、府警は松島新地の料理店「美人座」など2店舗の摘発に乗り出した。

売春防止法違反容疑で、同店オーナーの武田義貴容疑者(47)や実質経営者の西村暢一郎容疑者(28)ら9人を逮捕した。

 同店は平成20年に開業。

店内には部屋が3室あり、6人の女性が売春婦として働いていた。

料金は30分1万5千円から。店全体の客は1日平均7人で、10万円ほどの売り上げがあったという。

松島新地ではごくごく平均的な売春宿だ。

しかし、府警が注目した理由は、女性たちの話から浮かび上がった、ある売春組織の存在だった。

 ■売春に潜むスカウトグループ

 大阪を中心に暗躍するスカウトグループ「ギャグナ」(現Rグループ)。

このグループのトップに君臨し、女性たちに売春をさせていたのが、美人座の実質経営者でもあった西村容疑者だった。

 「ギャグナの名前を聞けば、たいていの女はやくざと同じくらい怖がる」

 西村容疑者が逮捕後に供述した通り、ギャグナは風俗業界では名の通った存在だった。

女性たちは恐怖心から売春をせざるを得ない状況に追い込まれていたとみられる。

 府警によると、ギャグナはキタやミナミの路上で女性に声をかけ、キャバクラやガールズバーなどの店員をスカウト。

ときにはデリヘルなどの風俗店に送り込むこともあった。

スカウトの他にも、風俗店やヤミ金も手がけ、一体的な裏ビジネスを展開していたという。

布施署に相談にきた女性たちも、当時働いていた風俗店から

「すぐ金を貸してくれる人がいる」と紹介され、ギャグナが経営するヤミ金で金を借りていた。

 「金は即金で貸す。でも代わりにここで働いて返済してもらうからな」

 美人座で女性たちを待ち受けていた西村容疑者はそう告げると、それぞれに40万円と60万円を手渡した。

契約内容は「利息は週6回勤務で10%、週3日勤務で20%」という超暴利。

そもそも女性たちの稼ぎは店と折半で決して多いとはいえず、どれだけ体を酷使しても利息は膨らみ続ける仕組みだ。

逃げ出せない恐怖と絶望が4畳半の「ちょんの間」を支配していた。

 

 ■旧遊郭の情緒

 「東の吉原、西の松島」

 松島新地は明治初期にはそう呼ばれるほど、西日本を代表する遊郭だったという。

現在では大阪市西成区の飛田新地より規模は劣るものの、

約8万平方メートルの敷地内に104店舗の「料理店」がひしめいている。

 細い通りの両端には小さな家屋が立ち並び、軒先にともるちょうちんが一種の情緒をもって街を演出する。

開け放たれた玄関の奥に、白いライトに照らされた若い女性がちょこんと座り、

男性は通りを歩きながら素早く女性たちに目をくべると、おのおの気に入った店に吸い込まれていく。

 どの店も表向きは「料理店」として営業許可をとっているため、カムフラージュとして最初にお茶とお菓子が出される。

そこから先の行為は売春ではなく、「仲居と客との自由恋愛」。

なんとも曖昧でゆるい決まり事が、この街が今も残っている理由だ。

 

 ■日本でも横行する人身取引

 だが、笑顔で客を引く女性たちの中には、借金や暴力で脅され、無理やり連れてこられたケースが多い。

 「これは立派な人身取引。女性の体や性が商品として売り買いされていることに、もっと危機感を持ってほしい」

 そう訴えるのは、人身取引の被害者支援に取り組むNPO「ポラリスプロジェクトジャパン」(東京都)の藤原志帆子事務局長だ。

 人身取引というと、国外から労働力として人を強制的に連れてくる、というイメージが強い。

だが、藤原さんは「ポラリスに寄せられる相談の6~7割が日本人女性から。国内の問題でもある」と話す。

 「彼氏に出会い系サイトで援交させられている」

 「ホストクラブで借金漬けになって、風俗店で働けと脅された」

 女子高生やOLらからのこうした相談内容も、人身取引にあたるという。

 風俗産業は「短期間で高収入」が常套(じょうとう)句。

だが、実際には生活費をぼったくられたり、ヤミ金で法外な利息を取られたりと、

一度足を踏み入れれば、容易には抜け出せないシステムが女性たちを待ち受けている。

 

 ■「汚い仕事…」友人に告げ口

 藤原さんが被害女性たちから聞き取った話によると、風俗スカウトは巧みに女性の心をつかむ。

 スカウトは繁華街で女性を観察し、ナンパを装うなどして声をかける。

優しい言葉でデートに誘い、女性に「彼氏」と認識させればしめたもの。

徐々にホストクラブ遊びを教え、借金を抱えたころに姿を消す。

あとは借金取りや風俗店経営者ら、さまざまな人物を登場させ、

あっという間に女性を売春の道へと引きずり込む。

 それだけにとどまらず、スカウトたちは一度捕まえた女性を孤独にさせて逃さないために、

家族や友人とのつながりまで断とうとする。

女性の友人に「汚い仕事をしている」と吹き込んだり、

家族に「私が娘さんの借金返済を手伝って、迷惑をかけないようにする」と恩を着せて信頼させたりと、

手口は実に巧妙だという。

 藤原さんは「女性をだまして売り飛ばすためのマニュアルがあるのだろう。

組織的な売春ルートが存在している」と指摘する。

 松島新地の事件でも、西村容疑者は「オーナー(武田容疑者)に店の売り上げから80万円を毎月渡していた」と供述。

スカウトグループの上に別の指示系統が存在することを匂わせている。

府警はスカウトグループが集めた金が暴力団組織に流れていた可能性もあるとみて捜査を続けている。

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130211-00000514-san-soci