NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

夜の街、改善道半ば 風俗案内所規制1年

2015年03月05日

 

 

 

風俗店などの広告パネルを掲示し、客を無料で周辺の店に案内する

「風俗案内所」が県条例で規制され、1日で1年がたった。

犯罪の発生やトラブルが懸念される地域の環境改善のため施行された条例の効果はあったのか。

県内23軒のうち17軒が集中する那覇市の松山と辻を歩いた。(新垣亮)

 

 

 松山や辻を歩くと1年前との変化に気づいた。

 

 ある案内所に掲げられた「キャバ嬢」たちの外壁パネルは、居酒屋などの広告に変わっていた。

 店内が外から見えないよう、ガラスにフィルムを貼った案内所もあった。

 以前は大音量の音楽を流していたが、静かになっていた。

 

 条例は、風俗案内所の設置禁止地域を設けたほか、営業時間や騒音を規制、

外壁のみだらなパネルなどの掲示を禁止し、罰則を設けた。

 

 

 条例施行前は、昼夜問わず営業し、通学路にもかかわらず派手な外観やみだらな広告パネルを掲示するなど問題視されていた。

 辻の案内所の男性は「届け出たことで堂々と営業できるようになった。条例は逆によかった」。

 

 松山の案内所の従業員男性(56)は「条例ができて営業しづらくなったということはない」という。

 

 

 店を訪れるのはほとんどが観光客。悪質な客引き(キャッチ)の存在があるから、案内所は必要だと強調する。

「あまりにもキャッチが多い。案内所は客を守っている」

 

 松山地域では長年、悪質なキャッチも問題となっている。

 

観光客へのイメージを懸念する声も聞こえる。

 

 那覇署生活安全課は「環境浄化は道半ば」として、今後、キャッチの取り締まりや定期的なパトロールを徹底する方針。

 地元の若松通り会は昨年12月、市の補助を受けて隣接通り会とともに防犯カメラを設置した。

 新垣英一郎会長(41)は「夜が静かになった」「路上のごみが減った」といった声を聞くという。

「地域を汚させない雰囲気づくりにも力を入れたい」と話した。

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130604-00000014-okinawat-oki