NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

ラブホ天井裏に隠れた男のヤバイ事情

2015年04月08日

 

 

天井裏には何があったのか。

 

 

奈良県警五條署は、正当な理由なくラブホテルの天井裏に侵入したとして、

建造物侵入容疑で運送業の男(58)を逮捕した。

 

 

 同署によると、男は7日午後11時ごろ、1人で五條市のラブホに宿泊。

8日正午までの料金8150円を支払った。

 

ところが、翌昼過ぎになっても退室の気配がない。

従業員が部屋を確認したところ、いるはずの男の姿がなかった。

 

 従業員は浴室の天井の通気口が壊れているのを発見。

通報を受けた署員が駆けつけると、男がその中に潜んでいるではないか。

「名前はなんだ」「おーい、下りてこーい」などと呼びかけて、約1時間後に下りてきた男を現行犯逮捕した。

 

 男は「扉が開かなかったので、屋根裏から出ようとした。仕事の都合で泊まった」などと供述しているという。

延長料金が発生すると、部屋の扉は開かなくなるシステムだった。

 

 

 あるラブホで働く女性は「ラブホで発生するトラブルの大半が料金の未払い。

 

デリヘルを呼んでオプションや延長をお願いした男性が疲れて寝過ごしてしまって、部屋の延長料金が発生する。

でも風俗代で財布の中身は空っぽというケースが多い」と明かす。

 

 だが、今回の事件はその種のトラブルではなさそうだ。

「ラブホの天井裏やソファの隙間には、ブラックなものが隠されていることが多い」と同女性。

 

 ブラックなものとは、覚醒剤や大麻などの違法薬物、使用器具に始まり、拳銃、盗撮機材などが代表格だという。

 

「未払いであれば、謝ってATMで下ろして済むこともある。

それを避けて天井裏から逃げようとしたということは、つまり何か見つかるとヤバいものがあった可能性もある」と女性は指摘する。

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130713-00000005-tospoweb-ent