NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

日常会話だけで自分の評価が上がる驚きの話術

2015年09月14日

 働きぶりはいま一つなのに、何故か上司から気に入られトントン拍子に出世している人間が職場にいないだろうか。そういう彼らはゴマすりがうまいのだと推測できる。だが、彼らが思いつつくままに褒め称えているのかと思えば、そうではない。上司が好意を持ち、「こいつは実力があるな」と思われるような話し方をしているのである。そのような話術を伝授しよう。

 管理職にいる人間は、往々にして精神的疲労にさらされている。上からも下からも圧力がかかり、現場では膨大な量の仕事をこなさないとならないのだから、当然だ。そこで、あなたは、一言声をかけてやれば良い。「すごいですね、よくこなせますね」と。

トップに立つ人間はごく限られた人間だ。だから孤独に陥りやすく、誰かに労ってもらう機会も少ない。そこを突くのである。上司の理解者を演出するのだ。上司が疲れているようであれば、「お疲れですね」と心底労うような表情を浮かべて缶コーヒーを差し出すのもオススメである。

 また、二人きりになり深い話ができそうなチャンスに恵まれたら、思い切って相手の仕事の根幹に関わるような質問をぶつけてみるのも良い。「なぜ、この仕事を選んだのでしょうか?」「わが社が、より利益を上げていくためにはどう変わっていくべきだとお考えですか?」といった、その人の仕事や経営に関わる大きな質問が望ましい。上司はあなたの仕事に対する真剣さを買ってくれるだろう。