NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

ダメ人間な自分をさらけ出せばヒモとして養ってもらえる

2015年11月02日

 

 男性なら一度はヒモという存在に興味をもったことがあるのではないだろうか。一切働くことなく、遊び放題に遊んで、生活感も遊興費も、その一切を女性に出させる、という男性のことだ。これだけ女性に貢がせる男性なら、さぞかしイケメンなのだろう……、と思いきや、実はそうとばかりは限らない。さえない男性でも、なぜかヒモになって遊びほうけている人もいる。

 

 では、彼らはなぜヒモになれるのか。実は、ヒモになるのに顔の美醜はあまり関係なく、自分の弱さをさらけ出せるかどうか、が大きな違いなのである。男性は、女性に対して少しでも自分を強く見せようとする。「自分を選べば間違いない」と女性に思わせようとする本能があるのだ。しかしヒモになれる男性は、「俺は弱い、社会でうまくやっていけない」と積極的に弱さをアピールすることで、相手の同情心を買おうとする。心理学では、これを「嘆願ストラテジー」と呼んでおり、相手の良心に訴えかけて、援助を請うのである。女性も、援助を請われたという事実にある種の満足感を得て、「一度くらいなら」と、つい援助をしてしまう。女性が一度助けてしまえば、しめたもの。援助したという事実によって「私はこの人が好きなんだわ」と自ら納得するので、「好きな相手なら仕方ない」と援助を続けていくようになる。こうして女性は「私がいなければこの人はダメなの」と思いこみ、同時に今までしてきた援助を無駄にするのも惜しまなくなり、ズルズルと関係と続けてしまうのだ。