NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

話すスピード・姿勢・視線を意識すれば相手はメロメロに

2015年11月04日

 

異性と話す機会があっても、何を話せばいいのかわからない、

と悩んでいる人も少なからずいるはずだ。

 

しかし、そこで相手の興味のある話題を丹念にリサーチする必要はない。

アメリカの心理学者・メラビアンによれば、人が他人を判断する材料のうち、

「言葉」はたった7%しか占めていないというのだ。

 

 

「何をはなしたか」ではなく、「どんな風に話したか」が重要なのである。

 好印象をもたれる話し方は、次の3つに気をつけるだけで良い。

 

 

まず一つが話すスピードだ。

原稿用紙1枚分を役1分間で読めるようなスピード感覚で話すと、

相手には聞きやすく、心地よく聞こえる。

実際に読んでみるとわかるが、普段よりも、ずっとゆっくりした喋り方だ。

 

 

次に重要なのは、話す姿勢。

今話している相手に真剣に向かいあっているのだと体で示すように、真正面から相手に体を向けて話してみよう。

腕は組んだり、机の下に置くのではなく、テーブルの上に手を開いて置く。

手のひらを見せることで、「私はあなたに心を開いている」というアピールになるのだ。

 

 

最後に、視線を、タイミングを間違えずに合わせること。

自分が話している最中は、さりげなく視線を交わしたり外したりする。

そして話し終わるときは、必ず視線を合わせよう。

これで相手に話すきっかけを与えられる。

 

逆に相手から視線を外してくるなら、その話題に興味がないので、

会話を切り上げるか、相手の話を促すといい。