NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

ホストクラブ疑問・質問・Q&A

2014年07月01日

 

Q:そもそもホストクラブとは?

 

 

A:男性従業員(ホスト)が女性客をお酒とトーク、カラオケやショータイムなどで楽しませます。
性的なサービスはありません。

女性客版のキャバクラと考えると分かりやすいでしょう。

 

 

 

Q:ホストクラブで働けるのは何歳から?

 

A:法律上18歳から働くことが出来ます。
ただし、20歳未満の場合はお酒・たばこはNG。

お酒を提供する場なので店によっては自主規制として20歳未満を雇用しないこともあります。
年齢の上限はおおよそ30代前半くらいまで、もちろん年齢制限を設けていないホストクラブもあります。

 

 

 

Q:働く時間は?

 

A:ホストクラブの営業時間は大きく分けて2つ。

1部営業
⇒夕方(18時前後)~24時(一部地域では25時)まで

2部営業
⇒日の出~昼12時まで

※店によって詳細はことなります。

この営業時間+前後の時間が就業時間の目安になります。

 

 

 

Q:友人と一緒に応募しても大丈夫?

 

A:もちろん可能です。多くのホストを必要としているホストクラブ側は歓迎してくれるでしょう。

 

 

 

Q:毎日出勤するの?

 

A:大きく分けて3種類に分けられます。
※名称は各店舗によって異なります

1、レギュラーホスト
基本的には毎日出勤します。
その代わり給与体系は1番優遇されています。

2、バイトホスト
週2~3日の出勤でも可能。
レギュラーホストに比べると給与体系は若干劣ります。
時給になることも。

3、自由出勤
ホスト自身が自由に出勤日を決められます。
毎日でもいいし、週に1日でもOK。

 

 

 

Q:給与システムは?

 

A:1部バイトホストなどは時給計算になる場合もありますが、ホストの給与の基本は「歩合制」。
歩合制とは成果に応じて給料の金額が決まるシステム。

ホストでいう成果とは「売上」のこと。
自分が担当したお客が使った金額の約4割~6割くらいが給料になります。
この割り合いのことを「バック(率)」と呼びます。

バックは店によって設定が違いますし、「スライド式」といった「売上」の増加と共に「バック」も上がるシステムがあります

例:売上が50万でバックが40%の場合⇒給料は20万
例2:売上が70万でバックが50%の場合⇒給料は35万

となります。

※細かい計算は各ホストクラブによって違いますのでご注意ください。

 

 

 

Q:最低保証って?

 

A:求人情報でよく見かける「最低保証金」。
最低保証金とは歩合給で算出された給与が最低保証金の額より低かった場合は一律最低保証金の額を給与として支払う、というもの。
簡単に言うと、売上の低いホストの救済システムです。

歩合給の場合、月の売上が0円の場合は当然給料も0円。
たとえ10万の売上があっても給料はその4割~6割ほど。
そのレベルだと普通にバイトした方が稼げます…

ただしこのシステムはレギュラーホストのみに適用と言うケースが多いです。
時給計算のホストや出勤日が安定しない自由出勤のホストなどは対象外。

 

 

 

Q:体験入店とは?

A:数日間(最短1日)店や他のスタッフの雰囲気などを知るためにお試しで働くこと。
普通のバイトなどではあまりみられない、水商売独特のシステム。

「怖い」イメージがいまだに残る水商売業界、働こうにも「不安」を感じる人が多いので採用されたシステム。
そのお試し期間でどこまでの接客をするかは様々。

実際に先輩ホストのテーブルで接客補助(ヘルプ)を行う場合があれば、

基本的な説明のあとに店内の営業風景を見学させるだけのところもある。

 

この体験入店には店の雰囲気を知るだけでなく給料がもらえるというメリットもある。
額は約5,000円~20,000円と幅広い。

即日支給の場合と、実際に就業した後の最初の給料に合算するケースなどがあるので事前に確認しておく必要がある。

 

 

 

 

 

Q:お酒が飲めないのですが…

 

 

A:ホストとして働く際に特に不安なのがお酒でしょう。
医者に止められているとか、一口飲んだだけで意識が朦朧とする、なんていうレベルの場合はもちろん働けません。

そうでなければ働くことは可能です、ホストクラブにはソフトドリンクもあります。
飲まないでやり過ごすテクニックもあります。

先輩ホストに直接聞いてみても良いですし、「目で盗む」のも良いでしょう。

 

 

 

Q:ルックスに自身がないのですが…

 

A:これも働く上での不安要素で多く挙がる答え。
ぶっちゃければ、並みのルックスであれば問題なし。

ホスト=イケメンと思われがちですが、意外とそうでもない。

嘘だと思うならホストクラブの店舗サイトをご覧下さい。
写真加工ばっちりしてあるだけで、普通のルックスのホストもチラホラ。

店内は薄暗いですし、あの独特のヘアスタイルで結構ごまかせます。

そして何より重要なのはトークの方だということ。
ルックスのよさは武器の一つですがトークや一芸で挽回は可能です。

 

 

 

Q:田舎から出てきて住むところがないのですが

A:地方から引越ししてホストを始めようとする人もいるでしょう。
あとは手持ちが少なくてアパートの契約が難しい人もいるでしょう。

そういった人たちのために、ホストクラブのほとんどでは「寮」が存在します。

一般企業のような寮とは違い、多く普通の賃貸物件である場合が多いです。
店が借りているところに住む、もしくは仲介・紹介して契約をスムーズにしてくれます。

寮費がかかることもあるので事前に確認しておいた方が安心です。

 

 

 

Q:ホストが着るようなスーツがなくても働けますか?

 

 

A:タイトでショート丈。テカテカで刺繍やらなんやらハデハデなホストのスーツ。
こんなものもっていないのが当たりまえです。
気にする必要はありません。

お金に余裕があるのであれば事前に用意するのもいいですが、ホストクラブには「貸しスーツ」があるのでご心配なく。
ただし、自分のものになったわけではないのでいつかは返却する必要がありますし、自分にぴったりのサイズがあるとは限りません。

給料が溜まったら自分の個性をアピールできるスーツを購入しましょう。

 

 

 

 

デリヘル・風俗・キャバクラ・ホスト・ナイト経営者の最強マニュアル!
ブログ日記同時投稿や出勤一括自動更新、チャットシステム(チャッター)なら 名古屋発のナイワンに決まり!!