NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

キャバクラ経営…コンセプト

2014年08月02日

 

現在、キャバクラは生き残りを掛けて様々なコンセプトのお店があります。
それは集客のため、キャストを獲得しやすくするためにです。

コンセプトとは、分かりやすく言うと「この店を一言で言ったらどんなお店なのか?」

ということですが、これを説明すると難しくなるのでここではコンセプトを決める要素を2つ紹介したいと思います。

まず1つは、料金設定。
料金が地域相場に比べて安いのか、高いのか、標準なのか。
つまり「高級店なのか」「大衆店なのか」ということです。

もう1つは、店舗の広さです。
店舗の広さ、席数がどれくらい?
つまり「大箱店なのか」「小箱店なのか」ということです。

この2つがコンセプトを決める上での大きな要素となります。

▼コンセプト1…高級店と大衆店
高級店と大衆店は料金によって区別されるのですが、セット料金が1万円以上だと高級店、6千円位なら大衆店、3千円位になると安キャバと言われたりします(当然地域相場によって変動しますが)。
それぞれ店舗の内装やキャストの質、男性スタッフのサービスレベルが変わってきますが、どのお店が良いのかは一長一短で、一概には言えません。
あくまでも地域相場(競合店)との比較の中で高級店と大衆店は分かれますが、それをお店は意図的に打ち出すことが必要です。

▼コンセプト2…大箱店と小箱店
大箱店と中箱店と小箱店はどのような基準で分けられているのでしょう。
大箱店の席数は60(席数30)以上
中箱店の席数は40~60(客席数20~30)
小箱店の席数は40(客席数20)以下
このような感じです。

席数はあくまでも目安で、業界で統一した基準というのはありません。
しかし店舗の大きさでキャストの出勤人数や在籍人数が変わり、男性スタッフの人数やオペレーションのやり方まで変わってしまいます。

当然売上も変わります。

そして最も重要な点は、お客様が店を選ぶ基準です。
小箱店が好きなお客様がいれば、大箱店が好きなお客様もいます。
アットホームな隠れ家的な店が好きなのか、キャストがたくさんいる店が好きなのかなど理由はさまざまですが、店舗の大きさでお客様の好みは分かれます。人それぞれです。

キャバクラのコンセプトは上記のように、料金設定と店舗規模で分類されます。
そこから店舗独自のコンセプトが加味されてお店のコンセプト「この店舗を一言で言ったら?」となります。