NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

風俗一掃キャンペーン実施から半年、風俗嬢の3割近くが転職

2014年11月28日

2010年11月22日、中国紙・北京晨報は、4月に始まった風俗一掃キャンペーンの成果として、風俗嬢の3割近くが転職したと報じた。

風俗一掃キャンペーンは4月11日からすでに半年以上実施されている。この間、売春などの温床になっていたカラオケ店やサウナ、足裏マッサージ店や床屋などの多くが閉店命令を受け、風俗嬢の3割近くが別業界へと転職していった。

その中の1人、元カラオケ店ホステスの麗さん(21)は洋服店の店員に戻った。2年前に安徽省から北京に上京した麗さんはもともと洋服店で販売員をしていた。月収は1200元(約1万5000円)でやりがいもあった。だが、同じ部屋で共同生活をしていた同郷たちが昼は休んで夜働く仕事で大金を稼ぎ、綺麗な格好をしているのを見て心が動く。

同郷たちも麗さんのような顔やスタイルなら「もっと楽な仕事に就ける」と勧誘。麗さんは早速彼女たちと同じカラオケ店で働くようになり、すぐに指名されるようになった。最初は緊張しながら客に酒を注いだり飲んだりしていたが、それも徐々に慣れ、月6000元(約7万5000円)を稼ぐまでに。2年間で10万元(約125万円)以上を故郷に仕送りし、両親を喜ばせた。

今回のキャンペーンで麗さんが働いていたカラオケ店は閉店命令を受けた。失業状態となった麗さんはまた元の洋服店の販売員に戻る。「稼ぎはだいぶ少なくなったけど、落ち着いた生活が送れるようになった」と麗さんは明るく話した。(翻訳・編集/NN)