NIGHT売上NO1 -ナイワン-

NIGHT売上NO1 -ナイワン-

お気軽にお問い合わせください 050-5217-9016
お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください

TEL:050-5217-9016

メニュー

19歳風俗嬢「橋下徹さんが好き。風俗を仕事と認めてくれた」

タグ
19歳風俗嬢「橋下徹さんが好き。風俗を仕事と認めてくれた」

 

 

 

橋下徹大阪市長の米軍への「風俗活用」提案で注目を集めた性風俗産業。

 

 

 

その是非については議論があるだろうが、

少なくとも現代ではそこで働く女性の大半は自らの意思でその仕事を選んでいる。

 

 

 

なぜそうしたのか。

どのような人生を送っているのか。

 

 

 

 

50万人とも言われる性風俗産業に従事する女性たちの生態、素顔に迫った。

ここでは19歳の桜さんのケースを紹介する。

 

 

 関東某県のホテル型ヘルスで働く桜さんは、美しい黒髪が印象的な女性だ。

清楚な外見ながら、話し方はやはり今どきの19歳である。

 

 

「今のお店は1か月ほど前に入店したんですよ。前は歯科助手してました。

辞めた理由は、院長がキモかったから。

風俗に入った理由?

ん~、私の性格に合ってると思ったから。お給料もイイし!」

 

 

 

 しばらく彼女のペースで話は続いたが、水を向けると、風俗で働く別の意外な理由を話し始めた。

 

 

「貯金が趣味なの。というのも、今でも妹が児童養護施設にいるんですよ。

私も去年までいたんだけどね。親がいないんで……」

 

 

 彼女が養護施設に保護されたのは小学生の時。

両親の虐待が原因だった。

 

「これから妹の学費が必要になるから、ひと足先に卒業した私が今のうちに働いておこうかなって。

妹にはキャバクラで働いていることにしているの」

 

 

 週平均4日の勤務で収入は月50万~80万円。

料金2万3000円の6割が彼女の収入だ

。ばらつきはあるが、1日3~4人の客が付く。

かなりの収入を得ているが、贅沢はほとんどしていないと言う。

 

 

「いま住んでいるアパートは家賃8万円の1DK。

生活は質素だし、自分でも倹約家だと思う。

 

電子レンジが壊れて買い替えたいんだけど、勿体なくて悩んでるぐらい(笑)。

でもディズニーランドにはよく行くの。

ストレス発散になるし、これが唯一の贅沢かな。

昔、親に連れて行ってもらって楽しかったから、これだけは今もやめられない」

 

 

 

 

 仕事に不満はないが、一番怖いのは病気だと言う。

 

 

「店は病気を一番怖がるので、店長は『毎月検査をしろ』ってうるさいけど、自費だから、なかなかね……。

店長も売り上げがある子にはあまり厳しく言えないみたい。

その代わり、ものもらいでも出勤停止になっちゃうの。

免疫が下がると病気に感染しやすくなるから、なるべく風邪を引かないようにしています」

 

 34歳の彼氏がいる。風俗のバイトも彼の公認だ。

 

 

「彼は『きちんと目標を持って働くのなら、風俗だって立派な仕事だ』と言ってくれる。

私ね、橋下徹さんがすごく好きなんですよ。

風俗を仕事と認めてくれたし、自分に信念を持っていると思う。

私はガキだから分からないことも多いけど、風俗嬢だって絶対誰かの役に立ってるぞ! と思うんですよね」

 

 

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130725-00000020-pseven-life

 

 

 

 

掲載業種:
オススメ度 :

超高級風俗店 面接で両親や学歴など聞かれ気品も求められる

 

 

10年前から高級風俗店のプロデュースに携わっているという、都内マーケティング会社社員が語った。

 

 

 
「ソープにしても無店舗型のデリヘルにしても数年前から低価格店と最高級店の二極化が進んでいます。

特に最近はアベノミクス効果でしょうか、最高級店が売り上げを伸ばしていますね。

お客さんは中高年の方が多く、60歳以上も珍しくない」

 

 

 

 
 ちなみに最高級風俗とは、

業界では一回の利用にあたってソープだと10万円、デリヘルだと5万円以上と定義されているという。

 

 

 

近年、デリヘルにおいて高級店のオープンが続いている。

中には1日まるまる女の子と遊んで120万円のデリヘルもあるという。

 

 

 

 
 記者は高級デリヘル『麹町プルミエール』を予約した。

ここは90分6万円が基本コース。会員制の同店では「新規顧客への面接」が義務づけられる。

 

 

 
 ホテルで待機していると女性より先に担当スタッフがやってくる。

「女性が嫌がる行為はしない」「本番行為は禁止」などの注意事項を説明され、

名前、年齢、職業などを書き込んで会員証が発行された。

 

 

 

高級店の場合、お客の面接は珍しくなく、

「お客様に紳士的ルールを周知することで、女性も安心してサービス奉仕できるし、

質のいい女性が集まる」(業界関係者)という。

 

 

 

 
 面接後、10分すると黒いワンピースを着た170センチの長身美人のS子さんがやってきた。

黒髪の米倉涼子似である。

元CAで、現在はフラワーアレンジメントの学校に通う28歳だという。

 

 
 特筆すべきは言葉遣いや立ち居振る舞いに気品が感じられたことである。

 

 
「店の面接では年齢や学歴、あとは両親のことまで聞かれるんですよ」(S子さん)

 

 

 
 人となりをしっかりと判断された上で合格すると、

次に待っているのがママと呼ばれる教育係のレクチャーだ。

教育といってもベッド上のテクニックにあらず。

 

 

 
「ママには、言葉遣いや立ち居振る舞いを教わります。

例えば時間をお忘れになってプレーを終えようとしないお客様もいらっしゃる。

そんなときは『もう時間ですよ』と言わずに『そろそろシャワーを浴びましょうか』などと

嫌みにならないようにベッドから立ち上がってもらうことを促したりします」

 

 
 実に細やかなところまで「教育」されるのである。

 

 

 

 
 続いて都内に拠点を構える都内最上級のデリヘル関係者に話を聞いた。

なお同店では料金は2時間20万円から始まり、時には100万円を超すこともある。

 

 

 

 
「風俗サービスに関しては他店と差別化する技術というのは正直ありません。やはり女性が命。

女性の採用条件として六本木もしくは銀座の一流クラブの経験がない限りは採用しません。

うちは4次面接までありますよ。

やはり接客の質が大切だからです。

 

 
 2時間という時間をいかに気分よく過ごして頂くか、これに尽きます。

 

 

うちの店では在籍女性のほか、ご要望があればタレント、モデルのプロダクションにもお声がけして女性をご用意しています。

2~3か月の時間を頂くこともあり、料金が100万円を超す際は、タレント事務所などへの仲介手数料がかかる場合です」

 

 

 
 たかが風俗と侮るなかれ、最高級の女性とサービスはここまで進化しているのだ。

 

 

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130722-00000013-pseven-life

 

 

 

掲載業種:
オススメ度 :

ラブホ天井裏に隠れた男のヤバイ事情

 

 

天井裏には何があったのか。

 

 

奈良県警五條署は、正当な理由なくラブホテルの天井裏に侵入したとして、

建造物侵入容疑で運送業の男(58)を逮捕した。

 

 

 同署によると、男は7日午後11時ごろ、1人で五條市のラブホに宿泊。

8日正午までの料金8150円を支払った。

 

ところが、翌昼過ぎになっても退室の気配がない。

従業員が部屋を確認したところ、いるはずの男の姿がなかった。

 

 従業員は浴室の天井の通気口が壊れているのを発見。

通報を受けた署員が駆けつけると、男がその中に潜んでいるではないか。

「名前はなんだ」「おーい、下りてこーい」などと呼びかけて、約1時間後に下りてきた男を現行犯逮捕した。

 

 男は「扉が開かなかったので、屋根裏から出ようとした。仕事の都合で泊まった」などと供述しているという。

延長料金が発生すると、部屋の扉は開かなくなるシステムだった。

 

 

 あるラブホで働く女性は「ラブホで発生するトラブルの大半が料金の未払い。

 

デリヘルを呼んでオプションや延長をお願いした男性が疲れて寝過ごしてしまって、部屋の延長料金が発生する。

でも風俗代で財布の中身は空っぽというケースが多い」と明かす。

 

 だが、今回の事件はその種のトラブルではなさそうだ。

「ラブホの天井裏やソファの隙間には、ブラックなものが隠されていることが多い」と同女性。

 

 ブラックなものとは、覚醒剤や大麻などの違法薬物、使用器具に始まり、拳銃、盗撮機材などが代表格だという。

 

「未払いであれば、謝ってATMで下ろして済むこともある。

それを避けて天井裏から逃げようとしたということは、つまり何か見つかるとヤバいものがあった可能性もある」と女性は指摘する。

 

 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130713-00000005-tospoweb-ent

 

 

 

掲載業種:
オススメ度 :

プチ整形や脱毛感覚!?“女性器の整形”急増の実態

 

 

 

全身脱毛にプチ整形-美しさを追求する女性が、外から見える部分を整えた後に
注目するのがアソコなのだという。

 

しかもクリニックへやってくるのは、ごくごくフツーの
OLたちだった!?にわかには信じられない現象を確かめた!

 

 

 

 

■男だけじゃない!女もアソコで悩んでる!

 

 最近年下の、それも15歳も下の恋人ができたというアラフォーの実希子さん(39歳・美容師、仮名)が

「見た目は気を使っているので、20代の女の子にも負けない自信がありますが、

さすがにアソコは黒ずんじゃってて。

若い彼に見られるのが恥ずかしいから、思い切って切っちゃいました。

今はピンク色で、初々(ういうい)しい感じですよ!」と微笑(ほほえ)んだ。

 

 

 最近のアラフォー女性はみんな、ファッションもメイクも若々しい。

さらにプチ整形や全身脱毛も施して、美しさに隙がない女性も増えている。

そんな美を極めた女性たちが気にし始めたのが「アソコ」の見た目だというのだ。

 

 

 「男性器の悩みを専門にしたクリニックは以前からありましたが、

ここ数年女性から、なぜ女性器専門のクリニックはないのかという問い合わせが急増しました。

そこで女性の悩みに特化したクリニックを開設することにしたんです」と話すのは、

日本の女性器整形の第一人者、本田ヒルズタワークリニック院長の本田昌毅先生だ。

 

 

 クリニック開設当初は、風俗業に従事する女性が多く来るだろうと予想していたという。

しかし意外にも、患者さんの9割は普通の会社員、つまりOLさんたちなのだとか。

 

 

 

 「整形とひと口に言っても、黒ずんだ部分を切るだけではありません。

むしろそれよりも人気なのは、セックスの快感を高めるために内性器、

つまり膣の中の形を変化させる“Gショット”という施術です。

 

女性本人はもちろん、男性も快感を得やすくなるので、
彼をトリコにしたいというアラサー女性が多いですね。

 

また経験を積んだアラフォー女性には、
長年悩んできた不感症を内性器の施術で治したいという方もいます」(本田先生)

 

 

 

 

 

■形や色を整えたい時はレーザーメスでカット

 

 冒頭の実希子さんがおこなった施術は、“小陰唇縮小術”というもの。

その名のとおり小陰唇、つまり膣口の両脇にあるヒダを小さくする施術だ。

外側の大陰唇からはみ出た部分は、下着でスレるため黒ずんでしまう。

これに対して、「アソコが黒いから経験人数が多いと疑われたらイヤ」とか、

実希子さんのように若い恋人ができた時に「アソコの見た目で本当の年齢を実感されたらどうしよう」と女性たちは悩むのだ。

 

 

 小陰唇縮小術は、特殊なレーザーメスで黒い部分や大きな部分をカットするので、

出血も施術後の痛みもほとんどなし。

 

美容外科で顔を縫う際に用いる糸を使用するので、傷跡もほとんどわからない。

施術前後に通院の必要もなく、オペ当日に歩いて帰れるので、気軽に形を整えに来院することができるという。

 

 

 「もちろん外見の問題だけではなく、下着がスレて痛いので小さくしたいという患者さんもいます」と本田先生。

形や大きさによってはアカがたまりやすく臭いの原因にもなるうえ、
尿が飛び散り和式トイレを汚してしまうこともあるという。

 

 

 

 

■今より快感を得たい時はヒアルロン酸の注入

 

 小陰唇縮小術とあわせて人気なのが先にも挙がった“Gショット”。

こちらは内性器の中でも神経が集中し快感を得やすい場所、

いわゆる“Gスポット”にヒアルロン酸を注入することで膣内を膨らませるというものだ。

 

 

 「Gスポット以外にも注入することは可能なので、膣内の至るところを膨らませて、中を狭くする女性もいます。

男性との密着度が高くなるので女性本人の快感も高まりますし、

締まるので男性の快感も高まります」(本田先生)

 

 

 ヒアルロン酸は時間とともに体内に吸収されてなくなるので、

どのくらい効果を持続させたいかによって半年用または5年用を一回打つ必要がある。

しかし本田先生は、「消えてなくなるからこそ安心して打てるのです。

例えば膣内を狭くすると出産に際して不安があるかもしれませんが、
妊娠判明後に打つのをやめれば出産時には元に戻っています」と話す。

 

 

 

 Gショットの施術は部分麻酔ででき、最短なら5分、長くても15分程で完了するという。

注入に使う特殊な針はとても細いので痛みが少なく、繰り返し打っても傷がつくこともない。

施術当日から入浴もセックスも問題ないので、施術したその夜に彼を突然驚かせることもできる。

 

 

 また、今までセックスで気持ち良くなったことがないと悩む女性にもGショットは効果があるという。

 

「恥骨の角度のせいでGスポットの位置が悪く、体位を工夫しないといけない人もいます。
このような方はGショットをすると快感を得やすくなりますよ」(本田先生)

 

 

 

■一度やったらもうトリコ リピート率はなんと8割

 

 

 もちろん、アソコの整形に切実な事情を抱えている女性は大勢いる。

例えば出産後にゆるくなってしまったケースだ。

入浴後にアソコからお湯がボタボタこぼれ落ちるようになったという女性や、

出産の際に切られたアソコを雑に縫われて形がゆがんだという人も珍しくない。

 

 

 

 とはいえ、施術しにやってくる女性の大半は男性を喜ばせるために整形を希望する女たち。

 

 

今のカレを離したくない、もっと気持ち良くしてあげたいと願う健気(けなげ)な女性心理の発露なのだ。

本田ヒルズタワークリニックでは、どの施術も51500円~と決して安い価格なわけではない。

 

 

 しかし、実際、「Gショットのリピート率は8割くらいですね。

さらに、Gスポット以外にも注入してアソコを狭くしようと、

施術後すぐに再来院する女性も多いですよ」と本田先生。

 

 

 

ここまで彼女たちを駆り立てるのは、

コンプレックスや男女関係の悩みが大きく関係しているからのようだ。

 

 

 

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130712-00010000-takaraj-soci

 

 

 

掲載業種:
オススメ度 :

AV女優1万人に対して70人! AV男優という職業に迫る

 

 

男なら一度は羨んだことがあるだろうAV男優というお仕事。

しかし、当然ながら一般男性の多くは「自分にはできない」と抵抗感を持つ。

 

 

 

実は男性の方が女性以上に精神的にデリケートだったりして、

スタッフに囲まれた状況で性行為をすることが難しいだろうし、テクニックや持続力などの課題もある。

 

 

そしてやはり大きいのは、それを職業にしたときの社会的立場やプライドの問題だろう。

結婚して家族とマイホームで暮らすといった一般的な夢を手放すくらいの開き直りがないと、とても飛び込めない世界だ。

 

 

 

 

 加藤鷹や日比野達郎などAV創世記から活躍する男優から、沢井亮やしみけんなど新世代の男優まで

総勢19名のAV男優に取材した『「AV男優」という職業 セックス・サイボーグたちの真実』(水野スミレ/角川書店)によれば、

 

AVの月間販売タイトルは4500本(審査団体を通したものだけの推定本数)で、

それに出演する現役AV女優はおよそ1万人だという。

 

 

一昔前のAV女優といえば、借金があるなどどこかワケありの印象だったが、

性情報が簡単に手に入る今では、ギャラ目当てではないAV女優志願者が増える一方だという。

 

 

 

 これに対し、職業といえるAV男優は、驚くことにわずか70人。

単純計算で1日150本ものAVが制作されているわけだから、

売れている男優になると1日2現場、3現場ということもあるという。

 

 

 

 

 こうなってくると、とても普通の男性には真似できない。

 

AV業界は2003年頃からインターネットの影響などにより、薄利多売のデフレスパイラルに陥った。

 

爆発的に制作本数も増え、限られた予算、限られた時間で撮影しなければいけなくなったのだ。

 

 

つまり精力に自信があるだけでは務まらず、現場スタッフの一員として手際よくセックスをするプロの技術が求められる。

また、月に最低1回の性病検査も必須。

AV男優にとっては「血統書」みたいなもので、これがあるから安心して仕事が頼めるわけだ。

 

 本書では、普段あまり聞くことのない彼らの本音に迫っていて興味深い。

 

まず、職業として気になるギャラだが、昔も今も変わらず一現場5万円が相場。

 

大変ではあるが、1日2現場こなせば10万円という高収入だ。

 

 

カリスマAV男優の加藤鷹くらいになると、男優での過去最高年収が2500万円、

これまでのセックス経験人数が推定8000人というから、生涯賃金はプロスポーツ選手並だ。

 

「数をこなせば女がわかるか?」という問いについては、「わかんないからこの仕事をやってるわけで。

 

やってもやってもわかんないからさ」と加藤鷹は答える。

 

風俗のルポマンガでも知られる平口広美は「……信用しなくなりますね。

なに考えてるのか読めちゃうと、だんだん女性不信になりますよね」と言い、

AV男優はみな「わからない」「こわい」と口をそろえるのだ。

 

 

 

「仕事とプライベートは違うのか?」という問いでは、「一緒」と言う意見と「違う」と意見にきれいに分かれた。

一緒だという男優は、「本質的には同じ」といった意味合いで、

平本一穂のようにたとえ一期一会のセックスであっても、

どこかしらいいところを見つけて「相手を好きにならないとできないから」という思いがあるようだ。

 

 

「違う」と答えた男優は、やはり人に見せるためのものと秘め事との違いを言う。

仕事のカラミでは撮影しやすい体位や収録時間、女優の持っていき方などを常に意識しているが、

プライベートであんな派手な体位をすることはないという。

 

また、若手男優のしみけんのように、現場で「ガツガツ感」を出すために、

プライベートでは性欲を抑え込んでいるというストイックな男優もいる。

 

 

 いかなる状況でも、女優の好みを問わず、監督の要求に(下半身で)応えて

最高のパフォーマンスを見せなければいけない縁の下の力持ちとしてのAV男優。

 

学歴や職歴を問われるわけでもなく間口は広いが、職業として継続していくとなると、

本人の資質と探究心が問われる狭き門なのかもしれない。

 

 

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130709-00002457-davinci-ent

 

 

 

掲載業種:
オススメ度 :